弥生シリーズにデータを取り込む

「Staple for 弥生」から承認済みの経費データを 「YAYOI SMART CONNECT」経由で、直接弥生シリーズにデータを送信することができます。ここでは、「Staple for 弥生」での準備としての勘定科目のマッピング、実際のデータ送信方法、そして弥生製品での確認方法の3ステップについて説明します。